高単価化に必要な価値を伝えること

こんにちは!起業家が大切な人を大切にするためのブランド高単価化プロデューサー、大上達生です。

さて、商品やサービスの値段を上げたいんだけど、値段をあげたら、お客さんがつかないんじゃ・・・

そう思ってしまうことはあるのが普通なんじゃないかと思います。実際、私も当社の商品の値段を上げるときこう思っていました。(事実は逆で値段を上げたらお客さんが増えました。)

値段を上げることを躊躇するとき、まずチェックしていただきたいポイントが、現時点でしっかり商品やサービスの「価値」を見込みのお客さんに伝えているのか、ということです。

価値を伝えていない場合、ほとんどの場合、値段を上げられる余地は残っていることが多いです。

値段を上げるためには、商品やサービスの「価値」を、見込みのお客さんにしっかりと感じてもらうことが必要です。そのためには、しっかり価値を伝えることが大切です。

例えば某人気の長寿番組で、家にあるものを鑑定する番組があると思います。

その際、値段の良く分からなかったものが、突然何百万円のお金がつくことがあるのは、なぜでしょうか。

それは専門家の「鑑定」がつき、見込みの買い手にその情報が伝わるからです。

鑑定がなく、情報が買い手に伝わらなければ、値段の良く分からないものは、良く分からないもののままです。

昔、パリの蚤の市というフリーマーケットで有名画家の絵が安値で出回っていたことがありましたが、それなどまさにこの状態にあたります。

商品やサービスの「価値」は、買い手に正しく伝わらなければ、値段は適正な価格にはならないのです。

あなたは商品の価値を正しく買い手に伝えていますか?

今日もありがとう。
いつもありがとう。

大上達生

■高単価で販売する手法の1つ「セミナー営業」 より詳しく知りたい方は・・・
「月に100万円の利益を上げるセミナー営業8つの鉄則」ご登録で集客を成功させる39の集客マスターチェックシートをプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *