お客さんのニーズにこたえないことで独自性が生まれる  

こんにちは!小学生のころ、放課後になると大体サッカーをしていた、大上達生です。

さて仕事をする上で、お客さんの「ニーズ」を聴くこと。とても大切ですよね。

私もお客さんの話を良く聴いて、それにこたえることは、非常に大事だと考えています。

ただ、現代はそれだけ、だと自社や自分たちの商品の「独自性」は出てきません。

世の中、消費者や投資家のニーズにこたえる商品であふれています。

ただ、ニーズにこたえるだけでは、埋没してしまいますし、なにより面白くありません。

自分たちが「こんな価値観や世界観があったらいいんじゃないか?」ということを、「商品やサービスを通して」発信して、買い手を巻き込んでいくことで、他にはない「ニーズを創ること」が現代では求められています。

お客さんのニーズに応えるのではなく、新しい世界に連れていくことです。

例えば今更言うまでもないですが、アップル社のiPhoneやiPad。これまでの既存の携帯電話やノートPCの延長に、iPhoneもiPadもありませんでした。

単にそれまでのお客さんのニーズに応えるだけでは、世の中を変えるヒット商品は生まれませんでした。

新しい生活のスタイルをこれらの商品を通して提案することで、アップル社の世界観に我々消費者を巻き込んでいったのです。

アップル社だけではなく、ブランドには「世界観」「価値観」があります。

あなたの商品やサービスに世界観や価値観は表現されていますか。

今日もありがとう。
いつもありがとう。

大上達生

■高単価で販売する手法の1つ「セミナー営業」 より詳しく知りたい方は・・・
「月に100万円の利益を上げるセミナー営業8つの鉄則」ご登録で集客を成功させる39の集客マスターチェックシートをプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *