打ちあわせの際に大事なやるべき3つのこと

こんにちは!起業家が大切な人を大切にするための、ブランド高単価化プロデューサー、大上達生です。

商売に限らず、人付き合いや人生で大事なことの一つが「信用」ですよね。

私が会社員時代、初めて入った会社は、他の部署の電話でも、ワンコールで電話とらないと怒号が飛んでくるような、今でいうとスーパーブラックみたいな会社だったのですが、「礼儀作法」というものをとてもちゃんと教えてくれた会社で今でもとても感謝しています。

私は、礼儀正しくないよりは、礼儀正しい方が、人から信用してもらいやすいと考えます。

それで最近良く思うのは、当時、誰かと打ちあわせする際は、次の3つのことを徹底的に叩き込まれたのですが、この3つがすごく大事なんじゃないか、と考えています。

その3つは、

1 遅刻しない(相手の貴重な時間を使ってもらっているため)
2 相手の会社さんや相手のことを事前に調べていく(相手のことを良く知っておくため)
3 打ちあわせのときはノートをとる(相手の話をキチンと聞くため)

です。

最近、人と打ち合わせしていて良く思うのですが、経営者含めて、この3つをちゃんとやっている人は、やっていない人より、断然少ないんじゃないかな、と思っています。(遅刻にはいたしかたない理由除く、直前のリスケも含まれます。)

この3つ、相手さんに信用してもらえることはもちろんのこと、実行するには、メリットしかないと思っています。

1 遅刻しない ⇒ その分余裕を持って物事に臨める
2 事前に調べていく ⇒ 相手に提案がしやすい
3 ノートを取る ⇒ 後で忘れることがない

いろいろなスタンスや考えがありますが、基本は大事なんじゃないかな、と私は考えます。

今日もありがとう。
いつもありがとう。

大上達生

■高単価で販売する手法の1つ「セミナー営業」 より詳しく知りたい方は・・・
「月に100万円の利益を上げるセミナー営業8つの鉄則」ご登録で集客を成功させる39の集客マスターチェックシートをプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *