集客をがんばってはいけない3つの理由

こんにちは!あなたの価値は本当はもっと高い、ということをお伝えしている、大上達生です。

さて、一般的に、起業すると常に頭をよぎる課題、、、それが「集客」ですよね。

私も、モノを売るにせよ、サービスを売るにせよ、常に「集客」ということに頭を悩ませていました。

今はあまり集客についてそこまで悩むことはなくなったのですが、今になって思うと、集客について「がんばるのをやめた」ときに、集客の問題が解決したように思います。それを今日はお伝えできればと思います。

集客の上手くいかない原因。自分の上手くいかなかったとき含めて、色々なお客さんのお手伝いをしている中で、集客が上手くいかず“頑張っている”状態って、商品コンセプトなり、もっと根本的な問題がある、というケースが非常に多いと私は考えます。

集客、は頑張ってやるもの、ではなくて、見込みのお客さんがいる所で、正しいアプローチを繰り返していくこと、です。

欲しい、という見込みのお客さんがいるところに、引きのある正しいアプローチをすれば、ある一定人数のニーズは必ずあります。

そうやっているつもりなのに、上手くいっていないのであれば、ビジネス全体でみて、その構成要素の何かがおかしいのです。

顧客単価が低すぎるのかもしれない。見込みのお客さんのいるところにアプローチしていないのかもしれない。商品に魅力がないのかもしれないし、アプローチの方法に問題があるのかもしれない。

それらの要素に目をつぶり、上手くいかない集客を無理に頑張ってしまって、無理やりビジネスを成立させようとすることで、次のようなデメリットがあります。

理由1 疲弊する
集客を頑張らないと続かないビジネスモデル、ということは、集客を今後も常に頑張り続けないといけません。短期的ならともかく長期的には辛くなってきます。

理由2 根本的な改善を妨げる
頑張ることで、集客を頑張らないと続かない状態になってしまっている真の原因を見つけて状態を改善することを妨げます。

理由3 お客さんと良好な関係にならない
必要なものを必要な人に届ける、ということは、本来届ける側も、届けられる側も、大きな喜びがあるはずです。そもそも頑張らないと集まってくれない、という状態はお客さんがあなたの商品に魅力なり価値を感じていない状態になります。そういった状態を無理に続けることは、あなたにもお客さんにも良い状態ではありません。結果、お客さんとも良好な関係になりづらくなりますし、口コミや紹介も発生しづらくなります。

上手くいくビジネスは、集客もスムーズにいきます。マーケティングの施策の前に、やらなければいけないことがあります。集客が上手くいかないときはそこで無理に頑張るのではなく、そもそもスムーズに行くような状態にするにはどうすれば良いか考えて施策を打っていくことです。

今日もありがとう。
いつもありがとう。

大上達生

■起業家が大切な人を大切にするための「高単価化」 より詳しく知りたい方は・・・
「ブランド高単価化8つの鉄則」ご登録で「ブランド高単価化かんたん診断シート」をプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

■高単価で販売する手法の1つ「セミナー営業」 より詳しく知りたい方は・・・
「セミナー営業8つの鉄則」ご登録で「集客を成功させる39の集客マスターチェックシート」をプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

同業他社と同じ値段をつけてはいけない3つの理由

こんにちは!ゴールデンウィークは子供のころから家でノンビリするのが好きな大上達生です。

あなたは令和ではじめてのGWをどうお過ごしでしょうか。

さて、あなたの商品やサービスをリリースするとき、、、

できれば競合他社や競合の事業主と差別化して、戦わないでブルーオーシャンを進みたいですよね。

私も今も昔も、できるだけレッドオーシャンではなく、競争者のいない市場でビジネスをしたいと考えます。

そのために重要なことの一つが「その他大勢の同業他社と同じ値段をつけてはいけない」という点です。

その他多数をしめる、同業他社と同じ値段をつけてはいけない理由は大きく次の3つです。

◆理由1 自らレッドオーシャンに飛び込むようなものだから
競合と同じ値段をつける、ということは、自ら競争者と同じ土俵に飛び込むようなものです。

確かに同業他社がその値段をつけているのですから、一定のニーズがある、ということはいえるでしょう。

しかしそれは戦略的にあまり賢くありません。他の人と同じことをしない方が自分や自社の強みを明確に打ち出せます。

競合他社とは違う切り口を打ち出し、値段も変えるべきです。(高い値段に設定できるとベストです。)

◆理由2 他と同じだと言っているようなものだから
上記の理由1に関連して、競合と同じ値段をつける、ということは他と同じだ、と言っているようなものです。

他と同じ、と思われると商品やサービスの価値を感じてもらいにくくなります。

しっかりと価値を感じてもらえる値段設定にするべきです。

◆理由3 お客さん固有の価値を考えていないから
値段の設定の根拠を同業他社と同じ、にすることは、厳しい言葉を選ぶと非常に安易、です。

元京セラのカリスマ経営者である、稲盛和夫さんの言葉に次のようなものがあります。

「経営は値付けである」

商品やサービスにある、お客さん固有の価値を明確にして、それに基づいた値段設定をするべきです。

ブランディングとは差別化です。他の会社や人たちと同じことをしてはいけません。あなたの商品やサービスは、しっかり考えられた適正な値段設定になっていますか?

今日もありがとう。
いつもありがとう。

大上達生

■起業家が大切な人を大切にするための「高単価化」 より詳しく知りたい方は・・・
「ブランド高単価化8つの鉄則」ご登録で「ブランド高単価化かんたん診断シート」をプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから

■高単価で販売する手法の1つ「セミナー営業」 より詳しく知りたい方は・・・
「セミナー営業8つの鉄則」ご登録で「集客を成功させる39の集客マスターチェックシート」をプレゼント
8日間無料メール講座はこちらから